ザキヤマ
ザキヤマ
ホーム:干潟、河川
2016年7月10日

ハク付き鱸の釣行

ハク付き鱸の釣行です。

空梅雨と騒がれた深夜

雨が降る予報もあり河川へと行って来ました。

毎年七夕付近、7月初旬から大型が回るエリア

状況は、膝下シャロー帯には小型のベイトがびっちり。

時折、それらに着いた魚がポコポコ

シャワシャワと浅瀬に追いやりボイル多数。

まずはそれは、無視して

例年、サイズを狙うのなら第2ブレイクを落ちて来るベイトを探してる魚の前に通すのがここでの鉄板パターン。

魚が上ずっていればベイトサイズに合わせピットブル、
ベイトがゴッチャゴッチャになっていればマグブルで見せていった方が結果が出やすいが

今日の状況は、ボトム付近?活性も低そうだ。

流行りの夜バイブでも獲れそうだけど

バイブでロッドを立ててレンジキープさせリトリーブスピードを上げてリアクションで誘うと

反応する魚は沢山いるけど追うだけ追って

喰わないで見切る魚が多い。

一度、見切ると二度目で喰わすのは、苦難の業。

シンペンカテゴリーの中でもレンジ操作がしやすいピンシャーをセットし

早々に飛べてないエラ洗いなサイズを2つ掛ける。

ここは、安定の連続ランディングミス。

冴えない凡ミスを後悔しか残らないが

フィッシュグリップには、定期的に油を差そう!

それだけです((笑))

ここでのヒットパターンは

レンジはボトムから20センチ

リトリーブはスローで一定でボトムを擦るようだったら

ロッドを立ててレンジをキープさせるだけ♪

二時間程、魚の回遊を期待しキープキャストしたのですが

今日は、大型の回遊チャンスは、これにて閉店ガラガラっぽい。

にしても

相も変わらず膝下シャローは、小型のボイルがエキサイト。

大体、想像つく結果が見えてるけど

釣り人ならボイルを見たらルアーを落として反応を見たいのが性。

水面からボイルが出る箇所を読みとり

トップでも出そうだけど

狙った喰わせ方がしたく

ピンシャーを

水深50センチだろーか

ボトムスレスレをゆっくり通してあげると

コンと
p79t5bt9pd3m9b7danbk-80ac95b7[1]

ガッツリ合わしたら飛んで来きたサイズ。

まだベイトがキョドってるので

全く同じパターンで

コン♪

azws99ides9bwfrtrmbd_480_360-958d0443[1]
またもやピチャピチャな鯵みたいなサイズ。

2本獲ったらベイトの様子も落ち着いた所で帰宅としました。